toppage ・・・ database ・・・ result ・・・ 1999年



PROPHECY HITTING
1999年12月17日 東京・後楽園ホール
観客動員数:2000人
第1試合 タッグマッチ30分1本勝負

植松寿絵

○広田さくら
vs
永島千佳世

中山香里×
(14分28秒、エビ固め)
 広田最後のコスプレは紅白の小林幸子。南側最上段から両翼4メートルはあろうかという巨大な小林幸子飾り(他に表現方法がない)で登場し、観客のド肝をぶっこ抜き。しかし、最初は観客も大喜びしていたが、両翼がなびく度に変な金粉が撒き散らされることが発覚し(モスラかっつーの)、次第に嫌がられるハメに。でも、これはすごいね。手作りで作れって言われて作れるシロモノじゃないでしょ。
 しかし、試合自体はこれといった見せ場はなく、最後は植松のパンチでよろけた中山選手が、後ろでうつぶせになっていた広田に蹴つまづき、そのままエビに固めてカウント3。広田はコーナーに登り、必要以上に勝利をアピール。
第2試合 タッグマッチ30分1本勝負

植松寿絵

○広田さくら
vs
北斗晶

尾崎魔弓×
(8分41秒、リングアウト)
 前の試合に勝ったことで北斗・尾崎組と戦うのは植松・広田組に決定。広田はコスプレチェンジの時間を要求し、しばしインターバル。まずはノスのテーマにのって入場してきた北斗組に続き、広田の入場時にかかった曲は同じくノスのテーマ。ほどなくして尾崎選手のOzジャンを着込み(インターバルの間に控室から盗んだらしい)、バレー日本代表のコスプレの残骸で作ったと思われる北斗選手のデク人形を横に従えて入場。これが…貧相このうえなく、最後の最後で大ハズレ。どうせならノス全員分背負って出てくれば良かったのに。シュガーのは太ってて、永島のは骨組みだけ。で、中山選手のは巨乳とかね。まあ、最後の最後でコケたのは、らしいフィナーレかなと。
 試合は圧倒的な北斗組ペース…かと思いきや、随所で広田がチョコマカと動き回り、北斗組をかく乱。最後はノス軍セコンドとGAEAセコンド陣も交え南側通路でしっちゃかめっちゃかの乱闘が繰り広げられる中、場外カウント17あたりで広田がゴキブリのようにコソコソと乱戦から抜け出し、一人だけリングに生還。セコすぎるリングアウト勝ちをせしめ、無敗を誇った北斗・尾崎組に土をつけることに成功。
1000年代の最後の最後にリングアウトプロレスを見れたのは、ラッキー…になるのかな?
セミファイナル タッグマッチ45分1本勝負

KAORU

山田敏代

○竹内彩夏
vs
アジャ・コング

シュガー佐藤

RIE×
(14分05秒、ダイビングボディプレスから体固め)
 因縁の竹内とRIE選手を含めての6人タッグ戦。奇襲に成功したGAEA勢はノス軍持参の凶器を奪取、竹内も有刺鉄線竹刀を振りまわし大暴れ。更にアジャ選手に対しドロップキックの乱れ打ちや、馬乗りエルボーでガムシャラに攻め、声援を独り占め。旗揚げ頃のGAEAの風景のよう。
 しかし、竹内の攻勢は長く続かず、中盤はRIE選手に流血させられ、エプロンでグロッキー。その後2vs3状態でGAEA劣勢になるも、山田の踏ん張りで挽回。最後はグロッギーの竹内がKAORUにコーナーに乗せられ、これまたリバゴリで大ダメージのRIEに対し、山田のアシスト付きながらダイビングプレスを決め、3カウントを奪取。
メインイベント タッグマッチ60分1本勝負

長与千種

里村明衣子
vs
ライオネス飛鳥

加藤園子
(7分20秒、無効試合)
  試合はノーコンテスト。ただ、全部終わって暴動モノのダメダメ試合だったかというとそれも違う。インパクトがあったのは里村と加藤がサソリをダブルで“決めてしまった"シーンと、里村が飛鳥選手に決めたデスバレー。水平に抱えられた飛鳥選手が、ゆっくりと垂直に沈んでゆく様は、船体の折れ曲がった客船が沈没していくようでした。逆に加藤は一番ワルい時の加藤がモロに出たカンジ。
 5分過ぎ、ノスが大挙乱入し、収拾つかずのノーコンテスト。里村と加藤は集団暴行の前にグロッギー。が、フクロにされていた長与と飛鳥選手が蘇生し、一瞬、アイコンタクトを取るや…伝説のダブル正拳突き!!と、同時に津波のような大歓声!!正直に言うと、私は動いてるクラッシュを見たことがなく、その凄さを実感しきっていない部分があったんですが、この爆発的な歓声を聞いて、ああ、やっぱり凄かったんだなぁと今更ながら実感しました。 その後のリング上の動きは、大別してこの2つ。
長与と飛鳥がついに握手。
KAORUとアジャが合体、飛鳥&加藤と合流。

以下はリング上の大マイク合戦及びバックステージの各々のコメントも踏まえての事実及び私の個人的見解。 合体について…まず、握手に関しては結成の意思確認ではあるが、すぐに合体するという意味ではないということ。また、その目的も目先のノス潰しという小さな目 的ではないということ。各々には各々が思い描く「結成に値するシチュエーション」があり、それが満たされた時に組むということ。飛鳥選手の「やり残したこと」もその一環と思われます。
 アジャ選手のノス離脱について…いわく「ノスのチマチマしたやり方にはついていけない」とのこと。ちなみに北斗選手はリングを去る際「おい、控室のアジャの荷物、ゴミ箱に捨てちまおーぜ」と捨てセリフを残しましたが、控室通路にはホントにアジャ選手の荷物の放り込まれたバカでかいダストボックスがおいてありました。  KAORUについて…ほとんど言葉を発しなかったため、真意は不明。リング上を見るしかないが、個人的にはこれまでGAEA全体を考えて、あえて引いてきた姿を見続けているので、思いきり主張してほしい。それと、ああいうリング上が大人数状態になった時は必ずハシッコにいたシュガーが、あのメンツの中で珍しくセンター位置をキープしていた。これも主張なのかな…?
 飛鳥&加藤とアジャ&KAORUの合体について…飛鳥選手がリング上で語った「やり残したこと」や、なぜ手を結んだのかは、これからのリング上を見ていれば見えてくるとのこと。
では、最後に個人的見解。
「クラッシュを組む時は新しい時代を作る時」「組んだ時は多分、みんな敵だよ」という発言は色んな取り方が出来るけど、私は「この人達は自分の財産を全部女子プロ界に置いていく腹づもりなんだろうなぁ」と感じました。 それとすごいミクロで申し訳ないんですが、長与のマイク中に「里村と加藤の立場はどうなるんだ!」と聞いた人がいて、もちろん加藤たちのことを思って言ってくれたのはわかるし、多分「そうだ、そうだ」と思った人もたくさんいたと思うけど、私は結果的にその叫びが一番、里村たちの立場をなくしちゃったなぁと感じました。それに長与にアンサーを求めたこと自体、結局はその人も長与に依存してるわけだし。「里村、加藤、何で黙ってるんだ!」ならわかるんだけどね。もうちょっと、彼女たちのこと信じてやってください。…って、見てないか。
以上、個人的見解。団体の公式見解ではありませんので、あしからず。